FC2ブログ

肥料の投入量

以前のハミング通信でも書いたことがあると思いますが

どれくらいの肥料が畑に投入されているのでしょうか?


 例えば、お茶を有機肥料で栽培する場合、

⼀反(10 メーター×10 メーター)あたり、

約54 キロの窒素が必要という常識があるとします。


有機肥料に含まれる窒素含有率が1.8% だとすると、

54÷0.018=3,000 なので、⼀反あたり3 トンの
有機肥料が畑に投⼊されることになります。


しかし、それくらいの肥料では効き⽬が無い!という判断
になれば、うちは5 トン⼊れよう、いやいや10 トン⼊れたら

もっと収量があがるといった話になるわけです。


これを毎年繰り返して、10 年、20 年も経てば、

何⼗トンも肥料が堆積して、地中に窒素分が
過剰に蓄積され、有害な硝酸性窒素を含んだ野菜が育ち、

地下⽔が汚染されて、井⼾⽔が飲めなくなるといった事態に

発展していきます。


畑にどんどん肥料を⼊れる → ⽣産量が上がる → 供給が増える

 → 物価が下がる → (収益を確保するため)さらに肥料を使って⽣産量を増やす!


こうした負のループから抜け出せなくなっています。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: 面積

R2様
Blogの間違い、ご指摘いただきありがとうございました。
あらためて読むと「あれっ、ほんとだ!」と思いました。
気づかないものですね。修正させていただきました。
ご丁寧にありがとうございました。
感謝申し上げます。
近藤正樹

一反=30m x 30m
>
> 一町=100m x 100m= 10反
>
> かと。
プロフィール

近藤正樹(ニックネームはマッキン)

Author:近藤正樹(ニックネームはマッキン)
自然栽培ハミングバード主宰者の近藤がお届けするBlog。メルマガだけじゃ、なかなかお伝えできないことなんかを中心に書いています。

自然栽培、食、生命地球のこと
 ハミングバードショッピング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR