セブ島、無添加のドライマンゴーを求めて

IMG_6648 (1000x667)

先月、仲間たちとセブ島に行ってきました。
目的はドライマンゴー。

なんでドライマンゴーかというと、

数年前、自宅でデスクワークしながら、
ずっーとドライマンゴーを食べ続けていたら、
二日酔いみたいな頭痛がしてきて
ひどい目にあったことがありました。

ドライマンゴーの中に、たっぷり化学保存料が入っていたのは
知っていたのですが、
ぱくぱく食べ続けていたのです。

やっぱりダメでした。

それから、
いつか、ドライマンゴーの生産現場に行って
実際に見てみたいと思っていたのですが
今回やっと実現しました。

この工場は、世界のドライマンゴーの80%もの
生産量を誇るとても大きな工場でした。

もちろん、日本からも沢山のメーカーが
製造を依頼しています。

まず、驚いたのはその巨大さ!
従業員もいったい何千人いるのか??

収穫されたマンゴーが、ドライマンゴーとして製品になるまで、
人、人、人の、見事な流れ作業です!

写真撮影禁止だったので、
ここでお店出来ないのが
とても残念です。

ここからドライマンゴーが
世界に輸出されるのか~!

本当にスゴイ景色でした。

次は、せっかく、ここまで来たのだから、
お土産も買わなくちゃ!ということで
お土産コーナーへ。

さすがに世界のドライマンゴー工場だけあって
お土産コーナーにも
びっくりするくらい沢山のドライマンゴーがあります。

そこで、おそるおそる
「あの~、すいませんが化学保存料を使っていないタイプはありますか?」
と聞いてみたところ

「ここに、そんなのは一つもありません」
と胸をはって言われました。

「え~! でも砂糖がこんなに入っているんだから、化学保存料なんていらないじゃん!!」

とは言えないので、笑って「OK」とだけ答えました。
でもホントは全然OKじゃないんです、、、。

結局、一袋だけ、買って帰りました。

この工場の名誉のために言っておくと
一年前マニラで
ここのドライマンゴーを買ったことがあるのですが
保存料が少ないのか、頭が痛くならないし、
けっこうオイシイのを知っていたからです。

あぁ~、でも、世界中どこに行っても、
化学保存料を使わないドライマンゴーを探すのは
難しいんだと実感した旅でした。

そのあと、
仲間達と「いつか必ず、無添加のドライマンゴーを作ろう!」
と誓いを立てて、深夜まで夜な夜な飲んでおりました
(毎回飲んでばかりですいません)






コメントの投稿

非公開コメント

オーガニックドライドマンゴー

こんにちは。英国よりメールいたします。
うちの娘も干しマンゴーが大好きなんです。やはり、保存料が入ったものを避けてオーガニックものを買っていますが、英国では何種類か売っています。ご参考にそのメーカーをお教えしますね。
www.tropicalwholefoods.com
www.forestfeast.com
下の方のは、フィリピンのマンゴー使用と
書いてありました。(^^)
日本用にも体に優しい干しマンゴーを
作ってもらえますように。。。
プロフィール

近藤正樹(ニックネームはマッキン)

Author:近藤正樹(ニックネームはマッキン)
自然栽培ハミングバード主宰者の近藤がお届けするBlog。メルマガだけじゃ、なかなかお伝えできないことなんかを中心に書いています。

自然栽培、食、生命地球のこと
 ハミングバードショッピング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR