牧草を食べて育った牛のステーキ

ちょっと前の話になるのですが

友達と一緒に
西麻布の人気レストランで
食事をした時の話

そこはニュージランド産の
おいしい牛肉が食べられる
有名なステーキレストランでした。

席について話も盛り上がり
ワインをそこそこ飲んでから

さて、メインのお肉でも
食べようかなと思い

ステーキのリストを眺めていました。

ふと見ると、
ずいぶん値段の張る
高級メニューがある

「牧草を食べて育った牛のステーキ」
と書いてある。

ほぼ二口くらい?の分量で5,000円!

庶民の僕には高い値段だ。

でも「なんでも経験だ」と思って
注文してみた。

間違いなく
おいしいメニューだったが

僕が住んでいる北海道なら
もっと安くて
おいしいのがあるのに。

というのが正直な感想。

それにしても
「牧草を食べて育った」牛のステーキ

これが最高級の時代。

僕らは今、そんな
時代に生きているんですね。













2015年の想い出

早いもので
今年もあと少し

世の中はすっかり
年末モードの様相です

僕が住んでいる札幌では
11月から根雪になるなど

一ヶ月も早い冬の到来となりました。

「何にもしてないのに一年過ぎた?」

毎年そんなことを思う
この時期ですが

iphoneの写真フォルダを
整理してたら

与那国島の「島バナナ」生産者

田中さんを訪問したときの
写真が出てきました。

がりがりの体でお恥ずかしいですが
馬に乗ってるのが僕です。

でも実は、

この日の僕は
風邪で猛熱だったんですっ

前泊した石垣島のホテルで
氷まくらを何回取り替えてもらったことか。

それから朝になって、与那国島について

「海馬」を企画してくれた
田中さんのご厚意の前に

「風邪なんでちょっと」

などとは言える訳もなく

半分「死ぬかも」と思いましたが
覚悟を決めて海に入ったんです。

すると、

初めての感覚

未体験の気持ちよさ

海に入って5分もすると
体が楽になって

それから数十分も経ったときでしょうか

気づいたらもう熱が消えていました。

よくパワースポットとかいう
言葉を聞きますが

まさにそんな感じ。

霊感もない、凡人の僕が
初めて体に感じた自然の不思議でした。

与那国島の海は
パワースポットの一つかもしれませんね。

2016年、また来年も与那国島にいきたいです。
今後は体調ばっちりで!

海馬










プロフィール

近藤正樹(ニックネームはマッキン)

Author:近藤正樹(ニックネームはマッキン)
自然栽培ハミングバード主宰者の近藤がお届けするBlog。メルマガだけじゃ、なかなかお伝えできないことなんかを中心に書いています。

自然栽培、食、生命地球のこと
 ハミングバードショッピング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR